Menu
本ブログで使用中のテーマ

【レビュー】KOVOLの140W対応アダプタ Charging Mate Pro(KV-PC019)

  • URLをコピーしました!

近年のノートパソコンは供給電力が大きいものもあり、大容量のACアダプターが販売されています。

今回KOVOLより最大消費電力140Wに対応したACアダプターCharging Mate Pro(KV-PC019)を提供いただいたので、レビューしたいと思います!

目次[Content]

KOVOL Charging Mate Pro(140W)のスペック

スクロールできます
型番KV-PC019
最大W数最大合計140W
5V=3A
9V=3A
15V=3A
20V=5A
28V=5A
重量303g(実測値)
端子USB-A×1
USB-C×1
USB-PD対応
付属品本体
説明書
購入する
▲基本スペック

外観レビュー

▲商品箱

内容品は本体、説明書のみ。

▲本体は白色で見た目もGOOD

本体左下にKOVOLの文字が明記されています。見た目は真っ白でメーカー名の主張も強くなく、デザイン的は◎

▲文字が目立たない点が良い

USB-CとUSB-Aはそれぞれ1ケ。USB-Aの下には青のLEDランプがあります。

▲充電中に点灯
▲コンセント部分は格納可能

サイズは 縦87mm/横68mm/高さ(厚)32mm。

▲高さ
▲横
▲縦

重量は実測303g。

▲大きさはまぁまぁ大きめ(男性の手)、重量感も結構あり。

KOVOL 140W(KV-PC019)の良いところ

最大140Wに対応している

▲MAX 28V=5A(140W)

KOVOL 140W(KV-PC019)はほとんどのノートパソコンに対応した給電能力を備わっています。

たかなし

Macbook Pro 16インチなら30分で56%まで充電できます。

必要なワット数(例)

・[Lenovo]ThinkPad X1 Carbon →最大45W

・Macbook Pro 13インチ →61W

・Macbook Pro 15インチ →87W

・Macbook Pro 16インチ→ 96W

・Macbook Pro 16インチ(2021) → 140W

・ゲーミングノートPC→ 100W〜135W。150W〜200Wもあり。

(※発売年やCPUにより変動あり)

以上より、本製品が対応していないノートパソコンは現時点(2022年)では一部のハイスペックのゲーミングノートPC以外はほぼ全てのノートパソコンへの給電能力があるということになります。

実際にMacbook Air(M1,2020)へ充電してみました。こちらの型は最大45W給電となっていますが問題なく給電されていることがわかります。

▲45Wでの充電確認!

2ポート同時使用の場合はUSB-Cは最大120W、USB-Aは最大18Wとなります。

GaN Ⅲ技術&SiCチップ採用

GaNⅢは窒化ガリウムのことで、「エネルギー効率の改善」「発熱が少ない」「小型化」などのメリットがあります。

ポートがUSB-A/C 各1つづつある

他社製の140W対応のACアダプタには1ポートしか出力が無い物が多いです。

KOVOLのACアダプタは「USB-C/USB-A」それぞれ1ポートずつありますので、ノートパソコンを充電しながら別の端末を充電することが出来ます!

たかなし

スマホを充電するのにもう1個ACアダプタを差し込むのも嫌なので助かりますね。

KOVOL 140Wのよくないところ(デメリット)

他メーカーより重量がある。持ち運びには向いていない

前項の通り、大きさは縦87mm/横68mm/高さ(厚)32mm。

重量は303gとAppleの純正ACアダプタ(140W)と比較すると重量も若干重くなっているので、持ち運びには適さないでしょう。

他メーカーとの比較

140W対応のACアダプタはAppleやAnker等でも販売されていますので、本製品と比較してみました。

スクロールできます

KOVOL(本製品)

Anker 717

Apple
最大W数140W140W140W
出力ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
USB-C ×1USB-C ×1
PD出力仕様5V=3A
9V=3A
15V=3A
20V=5A
28V=5A
5V =3A
9V =3A
15V =3A
20V =5A
28V =5A
5.2V =3A
9V =3A
15V =5A
20.5V =5A
28V =5A
重さ303g210g277g
価格8999円9990円13800円
購入する購入する購入する
各製品の比較(※価格は変動あり)
たかなし

本製品(KV-PC019)はやはり出力ポートが2個あることがメリット!

KOVOLのACアダプタは出力ポートが2個あり、スマホとの同時充電が出来ます。また、価格も他製品と比較すると安価となっています。

ただし、他製品よりは若干重量がありますので、持ち運びには弱いかもという印象です。

KOVOLってメーカー聞いたことないけど大丈夫?少し調べてみました

公式サイトより、会社名は SCUD(Guangzhou) Digital Technology となっています。

KOVOL 公式サイト:https://www.kovolinc.com/pages/who-we-are

ZDnet Japanの記事には以下のようなプレスリリースがあります。

ZDNetやXDAが推薦する急速充電ブランドであり、Anker、AOC、RAVPowerへのサプライヤーであるStiger Groupの子会社であるKovolは直ちに、(省略)

Kovolが140W GaN充電市場の新しいプレーヤーになる https://japan.zdnet.com/release/30717014/

AnkerやRAVPowerなど名だたるメーカーのサプライヤーの子会社ということで無名のブランドより信頼性は高いと考えられます。

140W給電には140Wに対応したUSB-Cケーブルが必要

見出しの通り、140Wでノートパソコンを充電したい場合はUSB-Cケーブルも140Wに対応していないければなりません。

たかなし

140W USB-Cケーブルは安定のAnkerのUSB-C 140W対応品であるAnker 765 をオススメします。

KOVOL 140W(KV-PC019) ACアダプタまとめ

今回はKOVOL 140W(KV-PC019)のACアダプタをレビューしました。

メリットデメリット
最大140Wの給電能力
GANⅢ/USB-PD対応 
USB-C/Aのポートがある
本体が大きいので持ち運びには向かない

現状、140W対応のACアダプタは非常に少ないので、選択肢に入れてみるのも良いかと思います。

情報共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次[Content]