【2022年】Windows11でPCのスペックを確認する方法


お持ちのPCのスペックを確認したい時の確認方法についてです。

今回はソフトのインストールが不要であるPCのスペックの確認方法をご紹介したいと思います!

  • OS(オペレーティングシステム)
  • CPU(プロセッサ)
  • メモリ
  • SDD/HDD容量
  • グラフィックボード(種類とメモリ)
  • DirectXのバージョン
  • 現在のディスプレイの解像度
目次[Content]

①DxdiagでPCのスペックを確認する方法

Windows11に標準で搭載されている機能です。



Windows10の左下にあるタスクバーの検索窓でdxdiagと入力し、最も一致する検索結果に出てくる dxdiagのアプリケーションをクリックしましょう。

▲タスクバーの検索ボタンで検索



Dxdiag【システム】

DxdiagのシステムではPCメインのスペックを確認することが出来ます。

  • オペレーティングシステム(OS) とビット数、ビルド
  • プロセッサ(CPU)の種類とコア数、周波数
  • メモリ
  • DirectXバージョン

▲didiagのシステム画面

Dxdiag【ディスプレイ】

Dxdiagのディスプレイでは、画面関係の情報を確認出来ます。

  • 名前、チップの種類→ グラフィックボードの種類
  • 表示メモリ(VRAM)→グラフィックボードの割り当てされているメモリ
  • 使用中のディスプレイの解像度



▲didiagのディスプレイ画面





②システム情報でPCのスペックを確認する方法

続いて、システム情報 で確認する手順です。

Windows11の下にあるタスクバーの検索窓でシステム情報と入力し、システム情報 のアプリケーションをクリックしましょう。



▲システム情報

システム情報【システムの要約】

システム情報のシステム要約を選択すると、以下の情報を確認出来ます。

  • オペレーティングシステム(OS) とバージョン
  • CPU(プロセッサ)の種類とコア数、周波数の情報
  • メインメモリ



▲システムの要約画面



システム情報【ドライブ】

コンポーネント→記憶域→ドライブを選択すると、以下の情報を確認出来ます。

  • 搭載されているHDD/SDDの容量及びファイルシステム(NTFS等)



▲システム情報のドライブ画面



③コントロールパネルでPCのスペックを確認する方法

最後にコントロールパネルで確認する方法です。

コントロールパネル→システム→バージョン情報を開きましょう。

  • オペレーティングシステム(OS) とバージョン、ビット数
  • CPU(プロセッサ)の種類とコア数
  • メインメモリ
▲システム→バージョン情報

続いてディスプレイの情報です。

コントロールパネル→ディスプレイ→ディスプレイの詳細設定 を開きましょう。

  • 解像度
  • 接続されているグラフィックボード(GPU)
  • ビット数
▲システム→ディスプレイの詳細設定
情報共有する

この記事を書いた人

たかなしのアバター たかなし 管理人

PCやスマホなどガジェットが大好きな社会人。
最近はアウトドア(登山)を始めアウトドア用品についてもレビューしています。

目次[Content]