たかなし
管理人
アラサーの普通の会社員。東海住み 趣味:PC,旅行,登山が好き。カメラも勉強中! 本ブログではPC役立ち情報、レビュー記事、たまに雑記など自由に発信していきたいと思っています。 記事内容についてご質問等ありましたら気軽にお問合せお願いいたします。知っている範囲でお答えします!
アンケートに答えるだけで小遣い稼ぎ? 詳しくはこちら

AppleWatchを購入した理由と使い続ける理由についてご紹介

昨年、AppleWatch3を購入し、現在も愛用して使い続けています。

今回は僕がApple Watchを購入した理由と使い続ける理由について紹介したいと思います!

使い続ける理由
  • マスク越しでiPhoneのロックを解除できるようになった
  • 他の時計と比較して圧倒的な軽さ
  • 通知機能が意外と便利
  • 画面のカスタマイズ性が高い
目次[Content]

購入のきっかけは「Suica利用のため」「最新ガジェットが欲しかった」

近年、キャッシュレス化が進んでいると思います。僕自身もほとんど現金を使うことが無くなりました。

その時使っていたのはSuicaだったのですが、iPhoneでsuicaを使おうとすると、

iPhoneを取り出す➡電源ボタンをダブルクリック➡Touch ID認証

というように手間が多くて、使い勝手が凄く悪いと思っていました。

ところがApple Watchを使用してい支払いする場合は下記のようになります。レジ前でもあたふたすることがなくなってほしいなと。

Apple Watchのロックを解除(数字4ケタ)➡ ダブルクリック

あとは最新ガジェットを付けてみたかったという簡単な理由。

思い立ったら即購入しました

Apple Serise 3 38mm (WIFIモデル)を購入しました。

個人的に時計を装着していることを出来るだけ主張したくないので、一番小さい38mmを選びました。

Cellularバージョンは別途月額費用がかかるということでパスしました。

たかなし

バッテリーについては大体2日間ほど持つイメージです。

早速装着。

「見た目がダサい!」という声もありますが、意外とそんなことはないと思います。

バンドも色々な種類があるのでオシャレに使いこなすことは出来るかなと。

バンドはHELMES似ているこのバンドを使ってます。

iWatchOS 7.4 & iOS 14.5以降でマスク越しの解除が可能

iWatchOS 7.4 と iOS 14.5をインストールすれば マスクを装着した状態でiPhoneをロック解除することが出来るようになりました。

何度か使用してみましたが、FaceiD搭載iPhoneをお持ちの方には本当に便利な機能だと思いました。

たかなし

今となっては無いと違和感あります・・。

圧倒的な軽さで取り外したくなることがない

以前はSEIKOの4R38という時計を気に入っており、プライベート・仕事でも使用していました。これが、とにかく重くて手が疲れてしまうのですぐ外したりしていました。

こちらの時計140g!

一方、Apple Watch 3 38mmの場合は41g

バンドの重量にもよりますが、比較すると4R38の約30%の重量です。

とても軽いので、装着していることを忘れることもあります笑

通知機能が意外と便利だった

Apple Watchは常にiPhoneと連携しているため、Apple Watchで通知を受け取ることが出来ます。購入前は特に期待していなかったのですが、これが意外と便利でした。

わざわざiPhoneの画面を確認しなくても、Watchをサッと見るだけで誰から来たのか分かるのでとても良い機能かなと思いました。

通知設定もアプリ毎に設定出来るので、無駄な通知はしないように設定することも可能です。

時計のカスタマイズ性が高いので飽きない

Apple Watchの時計はデジタルもアナログも様々な盤があります。

それぞれの時計盤でも細かな設定が出来るので自分好みの画面を表示させることが出来ます。

今買うならどれを買えばいい?

今購入するなら必ず Apple Watch 3より後のシリーズのWifi版の購入をオススメします。

(Apple Watch3は容量が少なく、いずれバージョンアップが不可となります。)

\最新機種を使用したいなら Series 6/

\年に一度のプライムデイ開催中!/
Amazon

\安く購入したいなら SEモデル/

\年に一度のプライムデイ開催中!/
Amazon

\一つ前のモデル Series5/

\年に一度のプライムデイ開催中!/
Amazon
情報共有する

この記事を書いた人

たかなしのアバター たかなし 管理人

皆様のためになる情報を発信していこうと思っています。
是非とも本ブログをよろしくお願い致します。
何かございましたら気軽にお問合せ下さい!

目次[Content]
閉じる