Menu
本ブログで使用中のテーマ
\Amazonタイムセール中!詳細はこちらをクリック!/

Anker のACアダプタ付モバイルバッテリーが最高だった

  • URLをコピーしました!

Anker PowerCore Fusion 5000は、ACプラグが備わっている画期的なモバイルバッテリーです!

本記事の概要
  • バッテリー4850mAhの容量の話
  • 外観・重量・大きさについて
  • 実際に使ってみたら便利だった件
  • 持ち歩く荷物が減った話
たかなし

外出時・旅行の時、持ち物を減らしたいスマホユーザーは必見!

¥3,590 (2021/08/15 20:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次[Content]

Anker PowerCore III Fusion 5000の内容物

内容物
  • Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000本体
  • 専用ポーチ
  • 説明書

モバイルバッテリー本体の他にシンプルな専用ポーチが付属しています。

▲Anker PowerCore III Fusion 5000の内容物

バッテリー容量は簡単な持ち運びにちょうどいい4850mAh

▲小型のバッグにもすっぽり。

本製品のバッテリー容量はスマホ約1〜2回分充電できる4850mAh!5000mAh前後のバッテリーは重量低めで普段のお出かけや旅行にぴったり。

たかなし

10000mAhだと結構重量が増えるので、この辺りが一番コスパが良いんですよね。

4850mAhのモバイルバッテリーのiPhoneの充電回数を計算してみました。

機種充電回数
iPhone13 Pro約1.6回分(3,095mAh)
iPhone13約1.5回分(3,227mAh)
iPhone13 mini約2回分(2,406mAh)
iPhone12 Pro 約1.7回分(2,815mAh)
iPhone 12約1.7回分(2,815mAh)
iPhone 12 mini約2.2回分(2,227mAh)
iPhone 11約1.5回分(3,110mAh)
iPhone SE2約2.6回(1,821mAh)
機種と充電回数

上記のiPhoneの場合、理論上1.5回分以上の充電をすることが出来ます。iPhone本体のバッテリーと合わせると約2.5回分のバッテリーを使用出来るので、旅行先でバッテリーが無くなるということは滅多にないでしょう。

バッテリー容量9700mAhタイプもあるが・・

Ankerから同じくACアダプタ付きのモバイルバッテリーであるAnker PowerCore Fusion 10000(9700mAh)の製品も販売されています。しかし、バッテリー容量が多いともあって重量が約278gとなっているため、若干重さは感じられるでしょう。

Fusion 5000とFusion10000を比較しても容量以外はほぼ同じです。その為、モバイルバッテリーで充電したい端末が多い人(例えば他にカメラや音楽プレイヤー、Go Proなど)は9700mAhタイプを選択するものありです。

たかなし

“大は小を兼ねる”という言葉があるように大きければ大きいほど良いですが、その分重量もUPします。重すぎて持ち歩かなくなるのは本末転倒なので、軽い方を個人的にはオススメしたいです。

項目Fusion 5000Fusion 10000
外見
Fusion 5000

Fusion 10000
容量4850mAh9700mAh
対応W数18W20W
重量176g278g

外観レビュー

外観は普通のよくあるACアダプタにも見えるがモバイルバッテリーとしての機能も備わっている。

アダプタ部分は収納できるような形となっており、使用していない時はアダプタの出っ張りを無くすことが出来るのがGood。

出力ポートは、USB-A×1、USB-C×2、充電開始ボタンが備わっています。

重量は実測182g

Anker PowerCore III Fusion 5000の実測値は182gでモバイルバッテリーとしては容量の割に少々重め。

Ankerのスティックタイプ(5000mAh)のモバイルバッテリー(Anker PowerCore 5000)は134gとなっているため、約50gほど重い。ただ、そこまでの重量感は無いと感じる。

▲重量 実測値は182g

大きさはiPhone11 2個分弱

Anker PowerCore III Fusion 5000の 大きさは、他のメーカーの同じ容量のモバイルバッテリーと比較するとやや大きめ。iPhone11(右)と比較すると約1/2ほどの大きさです。

たかなし

小型のバッグなどでも十分収納できるサイズだと思います!

▲本体とiPhone11との大きさ比較

モバイルバッテリーとして使用してみる

モバイルバッテリーの充電が完了していれば、充電コードと端末を接続しボタンを押せば充電が開始されます。

▲モバイルバッテリーで充電中

モバイルバッテリー本体を充電したい場合は、ACプラグを開いてコンセントに刺すだけでOK!煩わしいコードや別途ACアダプタを挟む必要が無いので非常に便利。

▲モバイルバッテリー本体の充電はコンセントに差すだけでOK

ACアダプターとして使用してみる

ACアダプタとして使用する場合、モバイルバッテリー本体をコンセントに差して出力ポートに充電ケーブルを差し込むだけ。

普通のACアダプタと使用方法は変わりません。

▲モバイルバッテリー経由での充電
たかなし

コンセントに刺しながら充電コードでスマホを充電すると、スマホ側の充電が優先されます。この時、モバイルバッテリー側の充電はされません。

結果、普段持ち歩く荷物が減って大満足

以前までは万が一を考えて、充電用のACアダプタ、モバイルバッテリー本体、モバイルバッテリー充電用のUSB-A、Lightningケーブルを全て持ち歩いていました。

購入後はモバイルバッテリー用のACアダプタが不要となったので、普段持ち歩く荷物が約半分になりました。

▲購入後の荷物の変化

Anker PowerCore III Fusion 5000まとめ

Anker PowerCoreⅢFusionの特徴としてはやはりACアダプタ付きであるところ。

それだけ?と思うかもしれませんが、それが本製品の唯一の武器であり最大の武器だと思います。

こんな人にオススメ
  • ACアダプタを別途持ち歩きたくない!
  • スマホ用品の荷物を減らしたい!

是非、参考になりましたら幸いです!

¥3,590 (2021/08/15 20:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥4,790 (2021/08/15 22:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
情報共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次[Content]