Menu
ゆるる
本ブログではPCやスマホの解決方法をメインにどうしたら解決できるか?を画像を交えて詳しく書いています。他、ガジェットのレビューや旅行、アウトドア関連も発信中!

【レビュー】ASUS MB16AH モバイルモニターのレビュー!効率化目指すなら必須

  • URLをコピーしました!
りここ

在宅勤務で人気のモバイルディスプレイを購入してみました!

在宅勤務やサテライトオフィスでの勤務など、PCを持ち運びをする必要がある場合は基本的にノートパソコンを使うことになります。

ただ、ノートパソコンだけでは画面が小さく作業スペースの範囲が狭いため、出社する時よりも効率が悪いこともしばしば。

自宅に大きめのディスプレイはあるけど、持ち運びができるディスプレイ(モニター)が欲しいと思っている方は是非ともオススメしたいのはASUSの「MB16AH」です!

今回はこちらのASUS MB16AHを簡単にレビューしていきたいと思います!是非検討してみてください。

目次[Content]

ASUS MB16AHの概要・スペック


ASUS MB16AH
メーカーASUS
質量714g(本体のみ)
932g(純正ケース込)
画面サイズ15.6型ワイド
最大解像度フルHD(1920×1080)
パネルIPS
グレア/ノングレアノングレア(非光沢)
最大輝度250cd/m^3
応答速度5ms
I/OポートUSB-C/Micro HDMI
スピーカー○(1W+1W (ステレオ))
薄さ9mm
バッテリー×(無し)
商品ページ購入する
製品の比較


ゆるる

USB-Cの場合、映像出力に対応しているUSB-Cケーブル(USB3.1以降)が必要ですので注意です。

ASUS MB16AH 外観レビュー


モバイルながら大型15.6インチのIPS液晶。

上下左右どこから見ても色の変化が少ない広い視野角と優れた色再現に定評のあるIPSパネルを採用を採用しており視野角178°なので横からの視覚もバッチリです。

りここ

映像は鮮やかで特に気になる点はありません!

液晶はノングレア(非光沢)なので長時間の使用に向いています。

▲本体(モニター正面)



ディスプレイ裏面、マットなデザインで見た目が非常にカッコイイ・・!

りここ

超薄型でスタイリッシュ(厚さ9mm)ですね。

本体左側には映像入力用の「MicroHDMI端子」、「USB-C端子」があります。

電源端子はなく、MicroHDMIもしくはUSB-C端子より供給することになります。

▲入力端子

正面右下には電源ボタン、左側には画面設定表のボタンがあります。

▲電源ボタン
▲画面設定用ボタン

画面設定では明るさ・コントラスト・シーンモードなど設定ができます。


ASUS MB16AHの重量は「714g」

ASUS MB16AHの実測は「714g」。超薄型とはいえ、まぁまぁの重さとなっていますが、サイズを考えると軽めである方かと思います。

純正のケース込みの場合は「932g」となり、軽量のノートパソコンと同時に持ち運ぶとおおよそ2kg程度となります。

ゆるる

車であれば特に問題ありませんが、徒歩だと少しずっしりします。

ASUS MB16AHのメリット・特徴

①作業スペースが広がる

▲モニター縦置きもできます!

これはASUS MB16AHに限らず全てのモバイルモニター(ディスプレイ)共通のメリットです。

モバイルモニターの最大のメリットは作業スペースが広がること。

近年の持ち運び用ノートパソコンは画面が小さく、また解像度が高めとなっているのでディスプレイに表示される文字が小さいということがしばしば。

モバイルモニター(ディスプレイ)があれば、ノートパソコンの液晶+モバイルモニターとなるので作業スペースが単純に約2倍になりますので、複数のアプリケーションを開きながら作業することができるようになります。

それにより、作業の効率化の幅が広がります。

②別途、モニター(ディスプレイ)用の電源を用意する必要がない

通常大型のモニター(ディスプレイ)というのはHDMIケーブルとは別に電源ケーブルを接続し、電源を供給しなければ映像を表示できません。

しかし、本製品であれば接続元のノートパソコンから電源を供給することができるので、持ち運ぶケーブルは最小限にすることができます。

ただ、充電・映像出力に対応したUSB-Cケーブル(USB3.1以降)を用意する必要がありますので注意です。

③ケースとスタンドが兼用できるので持ち運びもバッチリ

▲ケース込みの厚さ

ASUS MB16AHにはケース兼スタンドの本体カバーが付属されています。ケースとしても使用できますし、本体のスタンドとしても使用ができますので非常に便利です。

また、横置き・縦置きどちらにも対応しているので、用途に合わせて使い分けることも可能です。

▲横置き
▲縦置き

裏側はこのように三角のスタンドで支えられています。そのため、安定感はイマイチなので平らなところ以外での使用は推奨できません。

▲裏側

④パソコン用途だけでなくゲームなどでも使用可

モバイルモニター(ディスプレイ)といえばノートパソコンを接続して使用するイメージがありますが、Switch等のゲームのケーブルを接続して遊ぶこともできます。

寝室で寝転がりながら、外出先や車内でも大画面でプレイしたいという方にもオススメかと思います。

ASUS MB16AHのデメリット

①かさばる、慎重に扱う必要がある

▲リュックに入れて運んでます。。

モバイルとはいえ、モニター(ディスプレイ)を運ぶ必要があるので比較的大きなリュックやバッグが必須です。

また、モニター面を割らないように慎重に運ぶ必要がありますので、その辺りがデメリットといえるでしょう。

りここ

私はノートパソコンを持ち運ぶために大き目のリュックを使用しているので特に気になりませんでしたが….。

ASUS MB16AH まとめ


今回はASUSから販売されているモバイルモニター(MB16AH)をレビューしました!

ご紹介しました通り、画面サイズの割に軽量で薄型(9mm)なので外出先に持ち運びにもそこまで苦にならないと思います。

持ち運ぶことができれば、PC作業の効率化が期待できますので外出先でデュアルディスプレイを考えている方には是非オススメしたいです!

情報共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次[Content]