Menu
本ブログで使用中のテーマ
\Amazonタイムセール中!詳細はこちらをクリック!/

Windows11のインストール用USB(インストールメディア)を作成する方法

  • URLをコピーしました!

今回は、Windows11のインストール用USBを作成する方法をご紹介したいと思います。

インストール用USBは、Windows11を再インストールする際に使用できますので、是非1個は作成しておくようにしましょう。

目次[Content]

準備するもの

Windows11のインストール用USBを作成するには、8GB以上のUSBメモリが必要となります。今後多くの容量が必要になる可能性はありますので、16GB以上を用意しておくことをオススメ致します。

たかなし

16GBでも1000円以下で購入可能ですよ!

Windows11のインストール用USB作成手順

たかなし

USBにWindows11インストール用データを書き込んでおけば、いざというときに使用できますので、作っておきましょう!

まず最初に以下のWindows11のダウンロードサイトへ飛びましょう。

Windows11のインストールメディアを作成するより、「今すぐダウンロード」をクリックします。

windows11
▲インストールメディア作成

ダウンロードしたファイルを実行すると、Windows11セットアップのウィンドウが開きます。

最初にライセンス条項に同意する必要があります。同意できる場合は、「同意する」を選択してください。

▲ライセンス条項同意画面

続いて、言語とエディションを選択します。

基本的には「このPCにオススメのオプションを使う」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

▲ 言語とエディション の選択

使用するメディアについては、「USBフラッシュドライブ」を選択します。

たかなし

ここまでにUSBメモリを差しておきましょう!

▲メディア選択

USBフラッシュドライブを選択してください!

たかなし

USBフラッシュドライブはCドライブ以外でUSBとなっているものです。

▲USBフラッシュドライブの選択

Windows11のダウンロードが開始されたら、インストールが完了するまで放置するだけです!

ダウンロードとインストールには20~30分程かかると思いますので、しばらくお待ちください!

▲Windows11 USB作成

以上で終わりです!お疲れ様でした。

情報共有する
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次[Content]